セフレと恋人の境界線があいまいだ、という人がいます。実際、私もそのあたりはかなりあいまいなものだと考えています。決して冗談ではなく、出会い系サイトを通じて「セフレ」として知り合ったはずの男女が、いつの間にやら恋人同士のような親密な関係になっていた、という事例もあります。男女の相性というものは、実際に付き合ってみなければわからないものなんですよね。

セフレという関係を念頭に置いて付き合いを始めるから、お互いに型の力が抜けていい感じになるのかもしれません。タイトルでは「まさか」という言葉を使いましたが、実際、まさかというほど大げさなものでもないのかもしれません。特に、初婚同士のセフレカップルということでもない限り、性行為に関するうぶな感情は消えているでしょうから、割と気楽に性欲を解消できます。私自身も、セフレから恋人の関係に飛躍するのはちょっと無理があるのでは……と思っていたのですが、友人のカップルが実際にその関係なので、案外とありえない話ではないのかなというふうに考えるようになりました。

だいたい、セフレではない真面目な恋人同士という関係を意識して、とあるカップルが付き合いを始めても、そのカップルが本当にうまくいくかどうかなんてわからないのです。セフレがどうとか恋人がどうとか、そう言う話ではなく、男女の関係がうまくいく要因というものは、お互いに相性が良いかどうかという問題に尽きます。セフレとして付き合い始めたけど、お互いの相性が意外にいいから、もう付き合っちゃおうか――こういう展開もありなのです。どうせ、出会いのきっかけが出会い系サイトである限り(処女かどう低下という意味において)百パーセントクリアな関係などあり得ません。いや、もちろんそう言うのもあるんですよ、処女以外は受け付けない男性とか、童貞以外はお断りだと言う女性も、もちろんいます。

けれども、そういう人たちはきちんと、例えばプロフィール欄などの記述を通して意思表示しているはずなので、お互いに避けて通りますよね。私もね、昔は童貞以外は付き合いを考えたくないなって思ってたんですよ。妙な偏見があったというか、偏見というのもおかしな話なんですけど。常識的に考えて、他の女の体に触れた手で私に触ってほしくないですし、他の女のあそこをついたペニスで私のあそこをついて欲しくないです。なんとなく汚らわしい、そんな気がしてしまうのは致し方のないことだと思うのですが。

最近、少しずつ……本当に少しずつですが、価値観が変わりつつあります。もちろん、自分から積極的に「やりちん」とセックスがしたいと望んでいるわけじゃないですよ。ただ、たとえ離婚歴のある男性でも、私の価値観からは十分に「いい男」と言える男性はいるなあって、そんなふうに思うのです。